FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katteni80.blog133.fc2.com/tb.php/240-5b6b85d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Samsung SSD 830をThinkPad X120eに入れた話

830_20120826231234.jpg

 Zigsowという、SNSで頂いたSSDをX120eに入れた時の話です。

ThinkPad X120eを入手

 自分のX120eが搭載しているCPUは、AMDのE-240というもので、シングルコア1.5GHz、L2キャッシュ512KBという、カタログスペックでも、実際の性能的にもPentiumⅢ-Sに近いものです。ただし、消費電力は35W対18Wという、大きな差があります。

831.jpg
E-240 1.5GHz+Radeon HD6310
832.jpg
PentiumⅢ-S 1.53GHz+GeForce 6200A

 さて、このSSDにはNoton Ghostというソフトが付属しています。これは、データ移行をするソフトで、OSを再インストールする事無くドライブを交換することができます。

 なので、まずSSDをUSBで繋ぎ、データを移動→換装という形になります。

33.jpg

34.jpg

 付属のディスクからソフトを導入し、同じく付属のSATA-USB変換ケーブルを使ってSSDを接続します。何も買わなくてすむので、至れり尽くせりです。

 ただし、ここで問題があります。X120eはシングルスピンドルのマシンなので、光学メディアを読み込むことができません。そこで、以前抽選でもらったUSB接続のDVDドライブを使います。

外付けDVDドライブをもらいました

35.jpg

 ディスク二枚のうち、片方がマニュアルとサムソンのソフト、もう一枚がノートンの入っているディスクとなっています。まず、サムソンのディスクを入れてみました。

36.jpg

 このようなグラフィカルな画面が出てきます。動画による説明をみることができますが、正直、分かりづらいので、PDFによる説明を専ら見ていました。

 あ、書いていませんでしたが箱に入っている超簡単なマニュアル以外は、すべて英語で書かれています。そんなに難しいことをするわけではありませんが、「これで合っているのか?」と疑いながら進めていくことになるので、不満な箇所ですね。

 というわけで、Norton Ghostによるデータ移行は、PDFを見ながらやればできると思うので割愛します。

 データ移行ができたら、いよいよ換装です。もともとX120eに入っているHDDは、Western Digitalの320GB(7,200rpm)で、遅い部類に入るものではないです。

 まず、ねじ3本を外して裏蓋を外します。これで、メモリ、HDD、無線LANモジュールのすべてにアクセスできます。

37.jpg

 そして、左上のHDDを、ねじ2本を外して取り出します。そのあと、ねじ4本を外してマウンタからHDDを外します。

38.jpg

 あとは、SSDを逆の手順で組むだけなのですが、このSSDは7mm厚なので、9.5mmのHDDと比べるとこのようになります。隙間が空くとコネクタが痛むような構造になっているので、付属のスペーサーを挟みます。X120eの場合、構造的に乗っているだけで大丈夫なので、このままで組み込みました。

39.jpg

40.jpg

 この状態で蓋を閉め、電源スイッチを入れてみると、以下のような画面が出た後、見事に起動しました。

41.jpg

42.jpg

 ちゃんと、以前入れていたデータもありますし、ソフトも動きます。ですが、肝心の転送速度は、

43.jpg

 という、不甲斐ない結果に。このX120eは、Hudson-M1というチップセットを搭載していて、SATAⅢに対応しているのですが、ThinkPad T61と同じように、ソフト的にSATAⅢが切られているようです。

T61をセットアップ

 ところで、実際使ってみると以前とあまり変化が見られないような気がします。これは、前のHDDが速かったという事なんでしょうね。

 T61のSSD化の時にも、SATAⅠ→SATAⅡに引き上げて読み込み速度が100MB/s以上向上しましたが、違いは体感できませんでしたし。

 なので、転送速度なんかよりも、一番の改善ポイントは耐衝撃性の向上と、若干の軽量化です。HDDの破損の恐れが無くなったので、これからは電卓のように扱えますし、筐体の後方が約40g軽くなったので、パームレストを摘んで持ったときの手への負担が少なくなります。

 というわけで、X120eはとても取り回しの良いPCに進化しました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katteni80.blog133.fc2.com/tb.php/240-5b6b85d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

名湯

Author:名湯
基本的にThinkPad・IBM愛好家の元高専生・ロボコニスト。PCには数値的な性能よりも、使い勝手の良さを求めます。

twitter:http://twitter.com/#!/80mate

アフィリエイト




カウンター

FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。