FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katteni80.blog133.fc2.com/tb.php/237-b4aa17bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ちょっと触ってみた ~lenovo G575~

571.jpg

 lenovoのメインストリームである、Gシリーズの中の1つ、G575を触る機会があったので、ちょっと書いてみます。

573.jpg

 所謂"超普通な"ノートパソコンですが、Gシリーズには、インテル版とAMD版があり、このG575はAMDのCPUを搭載しているため、型番の末尾に"5"が入っています。インテル版だと、これが"0"になるわけです。

 CPUはデュアルコアE-450 1.65GHz、メモリは2GB、Windows 7に1336x768の15.6インチ光沢液晶という、本当に普通のノートパソコンです。各種端子も、USBx4(一つはeSATAと兼用?)にLANポート、サウンド関連、D-Sub15PinにDVDドライブと、特筆すべき点はありません。

575.jpg

574.jpg

 キーボードはテンキー付きの6段アイソレーションですが、上の写真の通り非常に打ち辛い配列で、父親は「とても打てたもんじゃない」と、バックライト切れのT61にUSBトラックポイントキーボード(T400sのやつ)を繋いで使ってます。まぁ、このクラスのPCは、ブラインドタッチできる人が使うようなものでは無いので、コストが下がれば万歳というのは間違いでないと思います。

 打鍵感は良くも悪くもなく、若干強めのクリック感に、プラスチッキーな衝撃が指に来ますが、そんな事を考える人はこのPCを買わないでしょう。


 これは、実家で親が使っているものですが、2万6千円だったのを、光を引いて約2万円引きだったらしいです。lenovo=安い、というイメージを作っているモデルですが、一応元を辿っていくと、あのlenovo 3000シリーズに行き着くようで、これは今回初めて知りました。

3000_20120817230001.jpg
lenovo 3000 V200 北京オリンピック仕様

 2006年、ThinkPadという唯一無二のブランドを手に入れたlenovoですが、当時は「"日本の"東芝ではなく、"中国の"どことも知れぬメーカーが簒奪した」というイメージしかありませんでした。これを打開しようと、lenovoと中国の名を広めるために作られたのが、3000シリーズです。元々、lenovoのIBMのPC事業買収は中国の国策で、lenovoの持ち株の数割が中国の政府機関の所有と言われています。

 3000シリーズは元々中小企業をターゲットとしており、今のGシリーズとは立ち位置が異なりますが、これは、ビジネスモデルとしての立ち位置をThinkPad SLシリーズが引き継いだためです。ThinkPadと3000のビジネスモデル二本立てが効果的でなかったという事なのでしょうが、IdeaPadの大判モデル、Z、Yシリーズがある中でGシリーズが存続している状況は異常と言えます。

 自分的には、ThinkPadはビジネス向けモデル、IdeaPadはコンシューマ向けにおしゃれも追求したモデル、そしてGシリーズは安さのみを追求し、外装にもコストを掛けない、という事なのかと考えています。

572.jpg
それでも、ThinkPadの下っ端と比べると高級感については大差無し

 昨日も書いたことですが、このブログを始めたきっかけはAMNのブロガー向けThinkPad貸し出しレビュー企画に応募するためで、初めにレビューしたのがlenovo 3000の末裔と言えるThinkPad L412でした。

412.jpg

 この時も思ったのですが、最近のPCは安いのにちゃんと作ってあるのです。キーボードは"基本は"しっかり抑えてあり、剛性も最低限しっかりしてますし、ありえないくらい重いわけでもありません。そして、中身は最新の技術ですから、使えないという事はありません。

 言うまでも無く、Netbookが起こした旋風によって、各社ともクォリティを維持しつつコストダウンを徹底し、利益率を極限まで下げた賜物です。しかし、尖ったモデルが淘汰されて、無難なモデルばかりが残るのは、個人的には気に入らないなぁという感じがします。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katteni80.blog133.fc2.com/tb.php/237-b4aa17bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

名湯

Author:名湯
基本的にThinkPad・IBM愛好家の元高専生・ロボコニスト。PCには数値的な性能よりも、使い勝手の良さを求めます。

twitter:http://twitter.com/#!/80mate

アフィリエイト




カウンター

FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。