Entries

スポンサーサイト

ThinkPad X1 Carbonレビュー ~薄くて大きいは合理的なのか?

 その昔、軽くて持ち運びのしやすいノートというのは画面サイズであったり、処理能力であったりと、何かが犠牲にされており、モバイル用途では活躍できるものの、メインで使うということは難しいものでした。 近年になってウルトラブックという規格が作られ、画面サイズの大きい軽量モデルが各メーカから販売されるようになりましたが、軽い分、非常に脆弱な構造であったり、最悪の打ち心地のキーボードであったりと、本質的には...

X1 Carbonを借りました

 ThinkPad最薄である、X1 Carbonを借りることができました。やはり初印象は、薄い!でした。天板や底面の処理はT430sと同じですが、液晶を開けてみると、恐らく現行ThinkPad唯一の塗装されたパームレスト、そしてファンクションキー列の区切りが目を引きます。 このパームレストは、通常のThinkPadはプラスチック製ですが、このX1 Carbonではマグネシウム合金で作られており、触ると冷たいです。 そして、肝心のキーボードです...

ThinkPad T430sレビュー5 ~結局の使い勝手は~

 すでに返却してしまったT430sですが、細切れのレビューしか書けていなかったので、まとめのレビューを書きます。 まず、T400sシリーズは自分の中では憧れでした。通常電圧で大画面・薄型・軽量・強靭というモバイルPCの理想を満足するほぼ唯一の存在だったからで、初代のT400sが3万円台で売られているのを見ると、嬉しさと同時に、ショックも感じます。 実際に使ってみても、想像していた通りの良さで、1600×900という大画面機...

ThinkPad X230レビュー2 ~使い勝手編~

 キーボードを中心とした、X230の使い勝手について書いていきます。装着されているキーボードは、以前レビューしたT430sのものと全くの同一で、2mmになったストロークのお陰で、以前の7段キーボードと比べて速いタイプが可能です。 新しいキーボードと比較的小柄な筐体の相乗効果で、膝上でのタイプが小気味好く、これは大柄のT430sには無い長所と言えます。 主要キーのピッチは19mmで統一され、キーボード左右に余白が無い事で...

X230レビューその1 ~概観~

 会社の研修やら何やらで、遅くなってしまいました。まずは、X230の概要について書こうと思います。X230と230Cs> X230のおおまかな位置づけとしては、小型軽量で持ち運びのしやすいモバイル機ということになります。しかし、このスマホ・タブレット・ウルトラブックが台頭している今、このような捻りの無いモバイル機は希少と言えます。 ルーツとしては、上の写真に映っている230Csのさらに先代、220にまで遡ります。時にして19...

Appendix

プロフィール

名湯

Author:名湯
基本的にThinkPad・IBM愛好家の元高専生・ロボコニスト。PCには数値的な性能よりも、使い勝手の良さを求めます。

twitter:http://twitter.com/#!/80mate

アフィリエイト




カウンター

FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。